img_01

朝日の里の活動や行事

朝日の里では知的な障がいを持つ方々を、様々な形で支援しています。
施設に入所したり、毎日通われる方などがいます。
朝日の里では午前と午後の2回にわけて、日中活動を行っています。
この日中活動では様々なことを行っています。
健康維持のために、日中活動では歩行やエクササイズを行っています。

歩行は近隣の公園や川まで季節を感じながら散歩しています。
エクササイズは講師の方を招き、健康維持のために必要な体作りを行います。
農園芸では野菜作りを通し自然の大切さを学び、協力して活動する楽しさを感じます。
美術実習では、ちぎり絵や絵本づくりなど多彩なプログラムで創作活動を行います。
陶芸では槌に触れる感触を楽しみつつ、器や箸置きなどを作ります。
屋外作業ではペットボトルや空き缶を潰したり、芝生の手入れや除草を行います。
リトミックは講師を招いて、音楽に合わせてドラムやシンバルなどの楽器を用いて
体を動かします。
朝日の里ではその他にも茶道教室やフラワーアレンジメントなどの様々な活動を行っています。

朝日の里ではその他にも多彩な年間行事を行っています。各月の誕生会を始め、
お花見や七夕、秋祭りやクリスマス会など季節の行事を様々行っています。
また、小グループごとに外出プログラムに基づく社会活動参加や、
近隣地域の小中学校との交流、地域行事への参加も行っています。

このように朝日の里では、入所者や通っている方のために、さまざまな活動や行事を行っています。
日々を充実して過ごしているのです。